一般社団法人全日本学生柔道連盟の目的

 本連盟は、わが国における学生柔道界を代表とする団体として、学生柔道の普及及び振興並びに優れた資質をもつ指導者の養成を図り、もって学生の心身の健全な発達とわが国スポーツ界の発展に寄与することを目的として、平成8年3月22日に当時の文部大臣より認可を得た社団法人です。現在、全国の柔道部を有する大学等約320校の正会員(民法の社員)から組織されています。

学生柔道の系譜

 嘉納治五郎師範は、柔道の目的が青少年に対する知育・体育・徳育であるとし、柔術から柔道に統合するに当たりこの目的に達するもののみを取り上げたことから明らかなように、柔道の本来の目的単なる格闘技ではなく青少年教育の手段であります。学生柔道は、近年、百年誌を刊行する大学柔道部が散見されるように百年余りの歴史がありますが、連盟としての活動は、大正12年の「東京学生柔道連合会」の発足からとなります。 戦後50年を経過しこの間嘉納治五郎師範の教えを基に幾多の人材を世に送り出して参りました。価値観が多様化し、グローバル化する社会において柔道の持っている魅了を多くの学生が体験することが、豊かな人生を享受するためにますます重要な時代になりつつあります。このような背景の中で、社団法人全日本学生柔道連盟は誕生しました。

賛助会員について

 ◆本連盟の会員は、加盟している正会員、賛助会員及び名誉会員から構成されています。
 ◆名誉会員は、本連盟に特に功労のあった者で、総会の議決もって推薦された者です。
 ◆賛助会員は、本連盟の目的と事業にご賛同いただきご援助下さる会員です。
 ◆賛助会員には、法人会員と個人会員の区分があり、入会金は不要ですが年会費として次の金額をお願いしております。

     【法人会員 50,000円】   【個人会員 10,000円】

 入会申込書にご記入の上、年会費のお支払いをもって賛助会員となります。
 お申込は、FAXでも結構でございます。
 賛助会員になられた場合は、理事会・総会等でお名前を報告させていただきます。

賛助会員の特典

 (1)本連盟が主催する3つの全国大会に「賛助会員」として特別招待致します。
 (2)本連盟が開催する研修会、教養講座等に「賛助会員」として招待致します。
  研修会については実費をいただく場合がございます。
 (3)本連盟が発刊する会報及び出版物等を進呈致します。
 (4)本連盟が発刊する事業報告書に「賛助会員」としてお名前を明記させていただきます。

平成29年度賛助会員−(平成29年7月10日)


≪ 法 人 会 員 11 ≫
高宮接骨院
株式会社オオヤギ
旭化成株式会社
パーク24株式会社
サクサ株式会社
帝京科学大学
日本BS放送株式会社
京葉瓦斯株式会社
株式会社クレーマージャパン
株式会社千葉薬品
海野ビル株式会社
東京学生柔道連盟
東京学生柔道連盟
東京学生柔道連盟
東京学生柔道連盟
東京学生柔道連盟
東京学生柔道連盟
東京学生柔道連盟
東京学生柔道連盟
東京学生柔道連盟
関東学生柔道連盟
関東学生柔道連盟
≪ 個 人 会 員 202 ≫

《北海道地区》(12) 《関東地区》(30) 網倉大介 柴田光徳 武村雄太
丸山淳士 前川直也 齋藤知久 小林秀行 蘭 徳美
工藤正義 木村 仁 山下泰裕 佐藤武尊 岡田正彦
河合一丸 新井俊明 渡辺軍三 辻本 修 元谷金次郎
岩崎 満 石井兼輔 池田悦雄 小林秀明 吉田知史
行方威七 越野忠則 松永達也 三宅恵介 中治洋一
十倉 宏 岡田弘隆 下川哲徳 辻本 修 山崎俊輔
安達昭弘 中村一成 吉原 勉 小林秀明 松田基子
中川純二 廣川充志 宮原行英 三宅恵介 《中四国地区》(17)
小山尋明 増地克之 小出將惠 山下義剛 出口達也
三嶋康詞 増地千代里 中村兼三 《関西地区》(40) 五島昌明
小田島武志 山部伸敏 鈴木桂治 上野 勝 梶津良仁
今井克俊 秋葉一豊 吉田 保 丸木英二 鏡原 壽
 《東北地区》(9) 小俣幸嗣   井上康生  佐野修弘  太田正和
南條充寿 山口 香 坂本大記 火箱保之 樗木武治
遠藤純男 柏崎克彦 坂口吉一 川本博史 永廣信治
佐藤幸二 矢ア利加 磯部晃人 野澤和浩 瀬川 洋
村本光二 徳永俊行 林田和孝 出口和生 梶谷宗範
阿部文智 西田孝宏 松澤三夫 森田章介 大谷崇正
橋富士男 三宅 仁 樗澤隆治 岩田 勝 古賀稔彦
橋俊哉 尾形敬史 佐藤 晃 コ田眞三 矢野智彦
佐々木安廣 吉鷹幸春 福地 崇 井之上正信 高口誠次郎
三戸範之 小川正行 渡邉敏之 橋本 等 近藤優子
《北信越地区》(20) 大島修次 大西 淳 村上豊裕 吉岡 剛
松永大吾 野瀬清喜 田仲茂明 大西吉成 三好紀孝
大田 勉 小山勝弘 小牧光一 岡本清孝 菊川 顕
鈴木貴士 山田利彦 橋本敏明 吉田新吾 《九州地区》(11)
熊倉 匠 会田信源 西川直好 内田 強 木村豊久
吉見浩二 岩崎 卓 橋 歩 近藤 徹 松永郁男
竹田達矢 小貫道子 島村昌利 橋本 等 百田秀明
宮本周司 木あおい 白M睦海 春日 俊 山中圏一
大柿 実 《東京地区》(45) 大辻一也 正木嘉美 中原 一
南谷直利 中野根二郎 宮崎誠司 土佐三郎 清水克巳
岡田直樹 上水研一朗 廣井武司 岡本 学 藤田弘明
川端健司 一戸隆男 《東海地区》(23) 佐々木裕二 木村豊久
阿部弘 津沢寿志 長谷川優 足羽裕二 渡邊政彦
稲葉優也 関 勝治 久野高裕 中林千春 小澤雄二
坂田三四郎 佐藤宣践 竹内外夫 古松正次 濱田初幸
渡辺涼子 竹内宣之 稲川雪久 村田正夫 安河内春彦
渡辺直勇 竹内元彦 安田信由 甲斐信二
鈴木三郎 白瀬英春 関 巌 脇谷政孝
山本智秀 鳥海又五郎 鈴木 香 岡田龍司
太田弘人 仙石通秦 石田雅明 細川伸二
その他一名 野村亨平 田村 猛 穴井隆将

申込書


  【申込書はこちらから】

連盟概要

大会情報

大会結果

【 特 別 協 賛 】

 株式会社ビックカメラ


 大塚製薬株式会社


 ALSOK


 ミズノ株式会社


 日本BS放送株式会社(BS11)


 JR東日本


【 協 賛 】

 羽田タートルサービス株式会社


 株式会社アルテサロンホールディングス


 株式会社ダイワコーポレーション


 東急建設株式会社


 野村証券株式会社


 富士ソフト株式会社


 三菱UFJ信託銀行株式会社


 株式会社ジャパンスポーツコミッション





賛助会員募集中